新車で買う?中古で買う?

ピッカピカの新車をディーラー店頭などで見ると、やはり新しい車が欲しくなりますよね。しかし価格を見て高い。更に見積もりを書いてもらうと、乗り出しにはもっとお金がかかるということが分かります。よくCMや広告などで見かける価格は、自動車税などが入っていない車両価格なのです。では中古車では?安い!と思って飛びついたら、安物買いの銭失いになってしまったらどうしよう、そんな考えが頭をよぎります。

車、新車で買った方がいい?中古で買う? どんな買い方をしたら良いのでしょうか。

 

将来的な車の買い方を想定して

新車で買うのか、中古で買うのかという選択では、まず将来的にどんな車の買い方をしていくかという想定が必要になります。車が長く乗ったところで10年程度とすると、中古車の場合は既に乗られている年数を引いた年数が自分の乗れる年数になります。次の車を購入するのに下取りに出すのにも、既に年数が経って走行距離もあるので良い下取り価格は望めません。中古車の魅力は、現在経済的に苦しくてもリーズナブルに購入することができるというところでしょう。そして基本は乗り切る計画になります。

一方新車の場合は、長く乗ることができる可能性があります。その期間は車を購入することがないので、経済的といえるでしょう。新車のもう一方の魅力は、車を乗り切ってしまう前に下取りに出して、また新しい車を購入する資金にできるところです。下取り率としては普通車より需要の多い軽自動車のほうが下取り価格が良いので、軽自動車新車を購入して、それをまた乗り換え資金にするという手もあります。

 

中古車の効率良い買い方

中古車というと、どんな車を想像するでしょうか。綺麗じゃないし、何万キロも走行距離があるけれど、リーズナブルに買えるから良しという車という感じでしょうか。

中古車と一口に言っても実は色々です。本当にポンコツぽいものから、新車?と見間違うばかりのものもあります。値段だけに左右されずにまずはスペック(仕様)と状態を見ながら粘り強く探してみましょう。修復歴やオーナー数、走行距離や年数は重要な情報です。走行距離は車の使用距離ですから、これが多いとエンジンなど機械的な疲弊も危惧されます。せっかく買ったのにすぐに部品交換とかあっては、安く買った意味がありません。

世の中には、車を買ったらフル活用する家庭もありますが、一方ではガレージで眠っていたなんていう車もあったりします。週末ちょっとしか乗らないので手放したなんていう、走行距離があまりない車などは超お買い得です。ちょっと価格の高い車でも、新車のような状態でリーズナブルに買うことが出来る方法ですよ。

 

新車の魅力と子供対策

新車の魅力。これは「自分の車」という所有欲と言えるでしょう。自分が一番初めのオーナー。そして、まっさらなところから自分のお気に入りのオプションなどをつけたりして、楽しむ事もできます。機械的にも前所有者のクセなどもなく、素直に自分の色に染め上げる気分になれます。

ピッカピカの新車ですが、子供にとってはそんなピカピカ加減は関係ありません。子供は汚すものですし、掃除もワックスがけもしてくれません。車内で飲み物などをこぼせばベタベタのシミになってしまいます。シートはもちろん、床などもカバーなどをかけることは必須です。内側の窓ガラスがベタベタの指紋でたくさんになりますから、小まめに付近を拭いてあげることも必要ですね。ドアを開ける際のドアノブ付近も、子供が開けるのに引っかき傷をつけやすいところです。ドアノブ用のコンパウンドなどで綺麗にすることも可能ですが、新しいうちに傷防止シートを張るのも一案です。新車のポイントは、大切に乗れる、乗ることかもしれません。