車の保険でも自転車事故補償特約

自動車だけでなく、日常的な手軽な足としては自転車に乗る方も多いと思います。出かける時は買い物もほとんど車だという方でも、子供が成長して中高生になってくると通学の手段として自転車が多数の頻度で登場します。子供が小学校のうちも、自転車で遊びに行くということもあるでしょうから、行動範囲が広がる小学校高学年になったら自転車での通行に関してはルールやマナーを子供によく言い聞かせることが必要になるでしょう。

しかし実際言い聞かせて指導したところで、事故を起こそうと思って起きるわけではありません。近年問題視されることが多くなってきた自転車事故。子供だって被害者にも加害者にもなり得るのです。そこでわざわざ別個に自転車保険などに入らなくても、自動車保険の特約に盛り込むと家族がカバーできてお手軽お得です。

 

自転車事故補償特約・個人賠償責任特約

大人の自分だけならまだしも、子供が自転車に乗るようになると気になるのが自転車事故に伴う色々。子供が怪我をしたりするのも心配ですが、人や物に対して賠償責任が生じると大変なことになります。子供のしたことだからと済ませられる程度のものならば良いのですが、実際に賠償責任に発展するケースもでていますので、自転車保険に入るというのは必然でしょう。これが、自動車保険の特約で家族全員カバーできるとあるのが自転車事故保障特約や個人賠償責任特約です。各保険会社によって呼び名や内容が違うので注意しましょう。また、特約によっては自転車事故だけでなくお店で子供が高額の商品などを壊してしまったなんていう事でも保険対象になるものがあります。

 

各保険会社の特約例

例として2保険会社を見てみましょう。

三井ダイレクト>「自転車運転者損害賠償責任補償特約」加入保険の記名被保険者が自転車を運転している時に事故が発生して、他人を死傷させてしまったり、他人の物を壊してしまったときに保険金が支払われます。この特約は三井ダイレクトのeドライバー保険に自動的にセットされています。

損保ジャパン>「個人賠償責任特約」契約者とその家族が、事故などで法律上の損害賠償責任を負担することになった場合に被る損害に対して保険金が支払われます。保険金は無制限で示談交渉サービス付き。年間保険料は約1200円。例えば自転車で走っていたら歩行者にぶつかって怪我をさせてしまったとか、お店で商品を壊してしまったなんていう場合が該当になります。近年は高齢者と子供の自転車の接触事故などもみられますから、理想的かもしれません。年間1200円で家族幅広くカバーならお得でしょう。

東京海上日動>「自転車運転中の事故により、相手に損害を与えてしまった場合や、ご自信がケガされた場合を補償する特約」として「個人賠償責任補償特約」になっています。自動車保険(トータルアシスト自動車保険)の記名被保険者やその家族の国内外での適用になります。

この他、大手保険会社でなくても自動車保険の特約としてつけるところが多くなっています。

 

今の自動車保険はどうなっていますか?

小学校や中学校入学時などに、自転車保険などの保険加入の資料を持ち帰ることがあるでしょう。「入らなきゃいけないのかな?」と入ってしまわずに、自動車保険が今現在どういう契約になっているか見てみましょう。案外自動車保険加入時(更新時)に「個人賠償責任補償特約は便利ですよー」などと言われて加入していたりすることも。もしも自動車保険の特約として加入していれば、別個に入る必要性はないでしょう。

代理店を通して契約している場合などは「こんな場合は対象になるのか?」など細かい質問や疑問にも答えてくれるようコミュニケーションを取りやすくしておくと良いでしょう。というのは、こういう場合は適用される、こういう場合は適用されないなど規定が色々あるからです。