ブレーキの踏みすぎに注意

レジャーで山へ行ったり山越えをしたりする時に、急な坂道に遭遇してしまったりします。普段から坂道で運転している方は慣れていると思いますが、あまり普段から車に乗らない方や、急な坂道での運転をあまりしない方は怖い思いをするかもしれません。特に下り坂はスピードが出過ぎてついついブレーキを踏みっぱなしになりがちです。「怖いし危ないし仕方ないよ」と言いたいところですが、実はこのブレーキ踏みっぱなしはとても怖い現象を引き起こすので要注意なのです。教習所で習ったはずですが結構記憶に残らないこの現象を、ちょっと頭に入れてドライブにでかけましょう。

 

フェード現象・ペーパーロック現象とは

フェード現象とは、長い下り坂などでブレーキをずっと踏みっぱなしだと起こる現象です。ブレーキの中のブレーキディスクとブレーキパッドが接触し続けることで、パッドの許容を超す発熱が起こります。パッドの素材に応じた許容温度を超えると、摩擦係数が下がって制動力が低下してきます。こうなると、いくらブレーキペダルを踏んでもブレーキが効かずに車は止まらない、ということになるのです。これをフェード現象といいます。

このフェード現象をそのままにしてフットブレーキを踏んでいると、さらに熱が上がって、ブレーキペダルとブレーキパッドを押し出すピストンを繋いでいる液圧系統のブレーキフルードというところにまで熱が伝わっていきます。フルードが沸騰しホース内に気泡が発生すると、今度はブレーキペダルを踏む力は気泡を潰す力に吸収されて押し出す力にならなくなります。これをペーパーロック現象といいます。

 

フェード現象を防止するには?

ブレーキを踏みっぱなしにしてフェード現象を起こしブレーキが効かなくなる、というのはとても怖いですね。では、どうしたらフェード現象を防ぐ事ができるのでしょうか。「ブレーキをかけなければよい」では、車は下り坂でどんどん加速して下っていってしまい危険ですね。運転者のハンドル捌きでクリアというわけにもいきません。

そこで、ブレーキはブレーキでも足で踏むフットブレーキではなく、エンジンブレーキをかけるのです。MT車だと2速・3速など低いギアをいれて速度調整をします。AT車だとギアチェンジの意識がイマイチかもしれませんが、MT車と同じく2速や3速にあたる速度に調整して、フットブレーキに頼らない運転をします。フットブレーキを使いすぎた時には、フットブレーキを離して走行風を当てるなど冷やすようにします。

また、ブレーキオイルが古い場合は熱で増えた気泡が消えにくくなってしまうので、フェード現象が起こりやすくなるといわれています。定期的にメンテナンスしましょう。

 

ドラムブレーキとディスクブレーキ

車のブレーキにはドラムブレーキとディスクブレーキのどちらかが採用されています。ドラムブレーキはディスクブレーキよりも放熱性が悪いためにフェード現象が起きやすくなっています。ディスクブレーキはドラムブレーキよりは放熱性は良いのですが、それでもフットブレーキを踏み続ければフェード現象やペーパーロック現象がおこります。

 

どうにも止まらなくなったら・・

「もうフットブレーキを踏んでも止まらない・停めて冷やさないと」という事態になってしまったら。サイドブレーキを引くという選択肢を選びます。もちろん、スピードが出ている状態でいきなりサイドブレーキを引いてしまうと、タイヤが急にロックされてスリップしてしまいます。エンジンブレーキを掛けた状態で少しずつサイドブレーキを引いて止めていきます。