エンジン掛けたままの仮眠は死の危険

レジャーなどで夜中や朝方出発したものの、途中高速道路のサービスエリアなどで仮眠を取ったりします。確かに眠気を催したままの運転は大変危険ですから、眠くてたまらない場合は、思い切って仮眠をとってしまうほうがよいでしょう。

しかし、冬場などに多いですが、スキー場近くで仮眠などという場合はぜひエンジンを切って、寝袋などを持参しておくことをオススメします。バッテリーがどうこうというよりも、積もった雪がマフラーを塞いでしまうと死の危険があります。

 

一酸化炭素中毒に注意!

仮眠したりする時になぜエンジンを止めた方がよいのか。バッテリーが消耗するから?いいえ、実はもっと切実で一酸化炭素中毒で死亡する可能性があるからです。元々自動車というのは排気ガスは外に排出される仕組みになっていて、車内に入ってくることはありません。排気ガスはちょっと臭いだけで無害・・というのは間違いで、排気ガスが車内に充満してしまうと一酸化炭素中毒になり、知らずに死にいたることになってしまいます。

 

冬場は特に注意!

高速道路のサービスエリアで仮眠、ということは良く見かけますね。珍しいことでもないので、自分も・・・という気持ちも出てきます。でもちょっと待ってください。確かに自分の車は排気ガスが車内に入るように設計はされていませんが、駐車場に整備不良の車がそばにあったりすれば、一酸化炭素が作られ、自分の車に風向きによって入ってくるかもしれません。前に駐車している車がエンジンをかけていれば、自分の車の空気取り入れ口から排気ガスを取り込んでいることにもなります。特にサービスエリアでトラックの後ろなどは避けたほうがよいですね。

スキー場での車での仮眠はもっと怖いです。エンジンをかけて寝ていると、マフラーに積もった雪が侵入して塞いでしまいます。排気ガスは逆流して車内に充満。家族でスキーに出かけた場合などは悲劇的なことになるでしょう。

 

仮眠と車中泊の用意は防災にも使える

東日本大震災があってから、防災用品を車に積む人も増えました。何かあれば、車ですぐに逃げられるということや、家が潰れてしまっても必要な荷物を分散しておくという意味もあるようです。この荷物の中に毛布や寝具の代わりになるものも含まれています。これを仮眠に使わない手はありませんね。

また、車中泊は夏も冬もそれなりに工夫を凝らして、クーラーや暖房がなくても過ごせるようにできるものです。夏はクーラーがないと車内は暑いですが、車用の網戸や扇風機を搭載したり、暖房がなくても、下に断熱シートを引いたり寝袋を使ったりします。レジャーとして使用する場合は、キャンプだと思ってちょっとワイルドに楽しんでみましょう。そうでないとバッテリーの心配ではなくて、命の心配になってしまいます。

 

環境も考えよう

CO2削減の折ということで、環境を考える意味でもエンジンを止めて休憩しましょう。子どもなどは学校でも環境問題は考えています。エコなドライブなどを一緒に考えるのも良い機会ですね。