急なドア開けが怖い後続車や隣接車

「目的地に着いた途端、子どもが急に車のドアを開けてしまった!」など、子どもの行動は予測がつかないような時もあり、思いがけない怪我や事故につながることがあります。車の運転中も子どもへの配慮は必要ですが、目的地などに到着した時も注意が必要。大人も子供も目的地に着いてホッとしたり喜んだりしますが、子供は喜びの方に気を取られて周囲を確認することを出来ないまま、いきなりドアを開けてしまったりするのです。車が止まった途端に周囲を確認せずにドアを開けると、子供自身も周囲も危険な事故の元である可能性が非常に高いのです。

 

走行中のドア開けも怖い

子どもは本当に大人の行動をよく見ています。小さい子供でも、いったいいつ見て習得したんだろうと思うほどのことをしたりします。車のドアのロックなどはわりと簡単にクリアできてしまうほうでしょう。ここはチャイルドロックなどをして走行中のドア開けは絶対に阻止したいところです。また、子どもが小さいうちから車の絶対してはいけないことを話していきたいものです。

 

勝手にドアを開けて降りると・・・

子どもは大人ほどの状況把握ができません。また目先の状況に夢中になってしまう携行があります。そんな状態で目的地などに着いた勢いでドアを開け、降りた時に後続車がいたりすると、後続車に轢かれてしまうという事故があります。これは小学生などを学校に送って行ったりする場合にも発生しています。「学校へ行く」という目先へ向かってしまって、同じく子供を送ってきた後続車に轢かれてしまうのです。命に関わることだと思って、子どもに言い聞かせていきたいものです。

 

急にドアを開けただけでも危険

「着いた!」と思って子どもがドアを開けたら、隣の車に自分の車のドアが激突。隣の車にはドアがぶつかったキズがついてしまった・・・。そんなケースは結構あります。子供にとって車のドアが重かったりすると、思いっきり開けてしまいがちです。駐車場の横幅が狭いとか、隣に停めている車が偏った停め方をしているなどの時には要注意でしょう。相手が停車している場合は、全額弁償ということになるので、かなりの出費を覚悟しなければなりません。

また、急に開けたドアに走っている後続車が激突してしまう場合もあります。路肩に一時停車した時に子どもが勝手に下りようと車のドアを開けたところ、そのドアにオートバイが突っ込んでしまったという事故もあります。こうなると弁償だけではすまない命に関わる事故になってしまいます。また、自動車やバイクなどの後続車だけでなく、歩いている人にも危険ですね。

 

急なドア開けによる事故の防止

子どもが車のドアを急に開けたりすることによって、事故や怪我の元になります。そこで、どうしたら防止できるかを考えてみましょう。まずは、車の機械的なところから。スライドドアにすることによって、ヒンジドアのように道路や隣の駐車場の人や車などにぶつかる可能性を低くします。また、チャイルドロックをバックドアなどで設定して、内側から開かないようにします。「小さい子供にはドアの開閉をさせない」というのが基本スタイルでしょう。

子どもが話したことを少しずつ理解できるようになったら、車は便利で快適な乗り物だけれど、危険もあるのだということを話してきかせます。実際に車内のスイッチやレバーで触ってはいけないものを指して、興味本位で触らないよう繰り返し諭します。

大人も防止策に参加です。後部座席の子どもの隣に大人が座ったり、後部座席を見ることができるミラーを設置するのもよいでしょう。また、信号待ちなどの時に子どもがドアロックなどに手をかけていないか、窓ロックはしているかなど確認するのも手です。その際、声かけなどもして気を配っていることを示すのも効果的だと思います。しかし、長距離などレジャーでお出かけの際や高速道路などを使っているときは気配りが難しいこともあります。定期的に休憩を挟んで子どもに危険なことを話して聞かせるのも良いですね。