ガス欠は恥ずかしいトラブル?

ガス欠は「恥ずかしいトラブル」という認識もありますが、それは「燃料なければ走らないのは当たり前」という意識からでしょうか。しかしこのガス欠トラブルはわりと珍しいことではありません。車のパネルに表示される航行可能距離などやガソリンランプも誤差が多少あるものです。もちろん、もっと余裕を持ってガソリンを補充していれば良いのですが、ガソリンスタンドまでが思いがけず距離があったり渋滞していたり、遅くまで営業しているスタンドが近くになかったり・・・色々な事情はあるものです。さらに最近ではエコのためにガソリンを少しずつ給油するという方も多くなりました。ガソリン分の重量が少ないほど、燃費もよいからです。ところが、ここでウッカリして給油を忘れると即ガス欠に繋がってしまうというわけですね。

そんな時にどうやって対処していくかを知っているかなのです。

 

ガス欠は車へのダメージの原因に

ガス欠になってしまうのは仕方ないことなのですが、やはり車のダメージの原因にもなるので避けたい事態です。ガス欠は「ガソリンがないから止まっちゃった」という単純なものではなく、これを繰り返すことで燃料ポンプやインジェクター、バッテリーやスターターなど寿命が短くなってしまう可能性を含んでいるのです。

通常燃料ポンプのモーターは高速で回転していますが、モーターの潤滑と冷却に燃料(ガソリン)に含まれている脂分を利用しています。ガス欠を繰り返していると、燃料ポンプは空転してモーターの潤滑性が少なくなってしまいます。結果、摩擦熱や磨耗が起こり故障への早道になってしまうわけです。更に、ガス欠になるとパイプラインも空。ということで、給油したところですぐには行き渡らないですから、スターターモーターを多く回さなければなりません。スターターモーターを回すということは、バッテリーも使います。よって、スターター機能がガックリと消耗されていくわけです。

ディーゼルエンジンの場合はもっと深刻で、パイプラインの中に燃料ではなく空気が入ってしまいます。空気抜きは専門知識が必要なので、これは救援が必要となるでしょう。

 

ガス欠!どこからガソリンを調達する?

ガソリンを調達しないと、ガス欠は話しになりません。そこで、一つの手段はロードサービス。JAFや各自動車保険のロードサービスなどで受け付けています。ただし、燃料の実費の他に、JAFの場合は基本料金の8230円がかかります。ちょっとお高いガソリンになってしまいますね。

もう一つの方法は、友人知人などにガソリンを持ってきてもらうこと。もしくは近くのスタンドまで自力で歩いてガソリンを買いに行く事です。ガソリンは購入する際に入れ物が決まっていて、ポリタンクなどに詰めることは禁じられています。というのは、ガソリンは静電気などでも引火するほどの危険物だからです。ガソリン携行にはスチール製の携行缶が必要で、フルサービスのガソリンスタンドで預かり金などを支払って借りてくる事になります。ちなみに、セルフサービスのガソリンスタンドでは、車・バイク意外にガソリンの給油を禁じている条例の場合が多いです。

 

携行缶で給油の方法

応急処置に自分でガソリン携行缶で給油する方のための方法の概要です。静電気を帯びにくい服装等で行うのが適切です。

1.ガソリンを携行缶に入れて持参。携行缶のノズルをセット。
2.車の給油口を開けキャップを取り外し、給油できる状態にする。
3.携行缶を持ち上げながらノズルを給油口に差込む。そのまま給油しましょう。携行缶にはエア抜き用のコックが付属していますから、コックを少しずつ開けていくと携行缶の中の空気が抜けやすくなります。そうすると給油しやすくなります。
4.給油し終わったらキャップを締め、給油口を閉めます。
5.ガス欠するとすぐにはガソリンがまわらず、エンジンがすぐにかかりません。スターターを少し長く回すことになります。