キーの閉じ込みで困った

車のトラブル御用達のJAFによると、バッテリー上がりの次に多いのがキーの閉じ込みだそうです。共にヒューマンエラーで、本来ならば運転者のちょっとした注意力で回避できるものなのですが、人間ミスのない人などいないことを考えると、対処の仕方を頭に入れておくのが先決でしょう。

 

なぜ起こるキーの閉じ込み

普通にドアを閉めただけならばドアはロックされず、鍵がなくてもまた開けることができます。問題は車内に鍵を置いたままドアをロックしてしまう場合です。本来ならば手にキーがないのでロックするつもりはないのですが、ドアを閉める際にドアノブを引いたまま閉めてしまうとドアはロックされてしまうのです。自分の手にはロックされたドアを開けるべきキーはないので、自宅などにあるスペアキーなどで開けることになりますが、出先だったりするとその自宅に帰るにもその車が必要だったりするわけです。閉じ込みの場合、自宅の駐車場などでの出来事でならばスペアキーを持ち出せるのですが。最近の車はキーがシリンダーに 差し込まれた状態ではロックできない閉じこみ防止もあります。

意外に多いケースは、ゴルフバッグなどをトランクに置いてキーまで置いてしまって、そのままトランクをバタンっと閉めてしまうパターンです。このように通常ではない動作や状況があって、閉じ込みをしてしまうというケースがあります。荷物を持ち出したり、荷物で手が塞がっていたり、車外にでるまで何か用事をしていたり、車から出たものの忘れ物などをして再び車内に戻ったり・・・という後に起こることが多いのですね。通常で無い動作をした後は、一旦深呼吸して落ち着いて確認してみましょう。

 

自分でロックしたものを開けられるか?!

キーを車内に置いたままロックしてしまった!と気がついた時にはもう遅い。しかし昔、平べったい金属の板を差し込んだり、ワイヤーでリンケージ部分をいじって解放したりすることができました。現在は盗難防止装置がついていたり、ワイヤーなどで引っ掛けてということがしづらい構造になっているので、徒労に終わってしまうことが予想されます。鍵はあかないのに車体だけ傷つけてしまった、などとなると本当に泣くに泣けません。

あらかじめJAFや保険会社やカーショップなどのロードサービスに加入しておいて、速やかに開けてもらう方がスマートでしょう。

 

キーの閉じ込みでJAFに来てもらうといくらかかる?

JAFにキーの閉じ込みでロードサービスしてもらうとすると、会員の場合は無料になります。非会員の場合は基本料金8230円、作業料4650円、その他に救援にかかる車両の高速料金が別途にかかります。ほんの一瞬のミスなのに、高くつくなぁという印象ですね。しかしスペアキーを持っていない限り仕方のないことでしょう。車のキーに一緒に家の鍵も着けている方は、家にも入れませんから結構大変です。

 

保険会社のロードサービス

車の任意保険会社のオプションなどでつけることができるロードサービスは基本的に無料で利用できるのでお得です。各保険会社が提携会社と連携しているので、サービス内容は事前に確認しておきましょう。一部料金が発生する部分もあるからです。

キーの閉じ込みも大概対応してくれますよ。専用の工具を使って開けてくれて、キーを取り出してくれます。一部車種によっては対応できないものもあるので、自分の車種はあらかじめ連絡しておきましょう。