お風呂セットがあれば立ち寄り温泉も

お風呂温泉大好きな方手をあげて!となったら、どのくらいの方が手をあげてくれるでしょうか。結構な温泉ファンがいらっしゃると思います。温泉大好きな方はちょっとした足湯から効能のある温泉、広くて眺めのよい温泉や秘湯など、出先でめぐり合えたら運命とばかりに入ってみたいですよね。もちろん日帰り温泉を掲げている温泉などは、タオルのレンタルなどは用意されていることも多いですが、意外に高いんです。

 

マイお風呂セット搭載

「こんなところに温泉が!ぜひ入ってみたい!」とか「前にテレビでみたけど、こんなところにあったのか!」など、偶然立ち寄り温泉ができてしまうチャンスがあったら、温泉に入らないわけにはいきません。その際には自分のお風呂セットがあったら気軽に立ち寄れて嬉しいですよね。お気に入りのシャンプーやリンスや石鹸。マイタオルやバスタオル。女性で髪が長い方は、まとめてアップするものがあると良いでしょう。簡単な下着ぐらいは揃えておきたい方も。汚れ物を入れるビニール袋もお風呂セットには必須。それから、日本の手ぬぐいが重宝です。パイル地のタオルよりも、洒落て渇きがよく、身体を洗うのにも悪く有りません。女性は携帯用の化粧道具があるといいですね。ノーメイクで外に出るのは、という方はもちろんですが、化粧水などで最後は肌を整えたいものです。特に女性はせめて眉毛ぐらいは書きたい・・・と思う人が多いですね。

タオル類はレンタルを置くところも多いですが、高い時があるのでバスタオルは持参したいです。

 

お風呂セットには小銭入れも

お風呂の入湯料はもちろんですが、ロッカーの100円玉などを使用したりするので、小銭は用意しておきたいものです。そういう時に限って細かいお金がないなんてことはあるものなので、お風呂セットにちょっとした小銭入れをプラスしておきたいところです。この100円玉、戻ってくるところと戻ってこないところがあります。戻ってきたら、それでコーヒー牛乳でも飲みたいですね。お風呂上りの牛乳やコーヒー牛乳、映画『テルマエロマエ』でもやっていたフルーツ牛乳などは、とっても美味しく感じます。

 

楽しい立ち寄り温泉には子ども用セットも

子供連れでも温泉セットを用意しておいて楽しみたいもの。でも新生児は他のお客さんと一緒に入れることはできません。お客さんへのマナーのためにも、赤ちゃんのためにも。お湯は熱めのことが多いので、幼児も気をつけて入れたいところです。オムツがとれていない子どもは、必ず事前にトイレを済ませます。脱衣所にベビーベッドが完備しているところが理想ですが、子どもの年齢層によっては設備が整っていない場合は無理をして入浴するのは子供にも周囲にも迷惑になります。大人が二人以上の場合は、交代で子どもを見ながら入浴するという方法もあります。