保険料を一括見積もりしたい

車の保険料、こんな特約もサービスもありますよとか、こんな割引もありますから安くなりますよ・・・などと説明されて納得して加入したつもりでも、やはり毎年更新時には高いなぁとか家計の負担だなとか思いますよね。もっと他に同条件で安いところがあるのではと思うのですが、保険会社に一件一件電話やメールして条件を説明して・・・というのもかなり手間と時間が要ります。もっと手軽に、もっと早く、料金等を比較しやくならないでしょうか。

そんな悩みを持つ人が多いようで、今はネット上で保険料を複数の保険会社に一括見積もりできるようになりました。比較もしやすいですし、それを元に保険会社に説明を求めることもできるのは便利ですよね。

 

一括見積もりをする前に用意するもの

パソコンの前に座ってネットを開く前に、一括見積もりのために用意するものがあります。まずは自分や家族(車を運転する家族)の免許証。これは免許証の色、つまり優良運転者かどうかで保険料が変わる可能性があるからです。もう一つは現在加入している保険会社の保険証書。そして、保険の対象となる車の型式などが記載された車検証です。車検証が必要なのは、正確な車の型式や初度登録年月が必要だからです。つまり、これが正確でないと保険料が変わってしまって正確な情報が得られないということになるからです。

あと用意するものは家族のニーズ。通勤で使用するか、レジャーや買い物のみか。夫婦二人で乗るのか、子供も乗るのか。バイクの有無。一緒に同乗している人への補償なども必要か。万が一の事故の際には示談交渉などのサービスが欲しいのか・・・などなど。家族の形態や状況や需要で、保険料は大きくかわるのです。特約やオプションなどをつける時の判断にもなるので、家族の需要はまとめておきましょう。

 

一括見積もりサイトはどんなところがあるの?

一括見積もりサイトはどんなところがあるでしょうか。「保険スクエアbang!」見積もり後数秒で試算という速さが評判です。24時間対応でもありますね。『ズバット自動車保険比較』『保険の窓口』も好評です。メジャーなところで『楽天自動車保険一括見積もり』もあります。『アドバンスクリエイトの自動車保険一括見積もり』も専業保険代理店として上場会社の一括見積もりです。

とりあえず、見積もり対象会社が入っているかどうかを確認しましょう。個人情報を入力するわけですから、ある程度有名どころが良いですね。見積もりのための登録時間が長い設定だと結構面倒です。手軽で分かりやすい画面と入力方法のところを選びたいです。また、見積もりだけでよいのか、試算をその場で出したいのかでもサイト選びは変わってきます。

 

一括見積もりしたら契約しなければならないか?

車や自分の情報を入力して見積もりをしたら、しつこく勧誘されてしまうのではとか、最終的にどこかに契約しないといけないのかとか考えてしまいがちです。しかし実際は補足が必要な説明のために電話などで話す事があっても、しつこい勧誘をすることが少ないといいます。というのは、しつこく勧誘するほど人件費をかけてしまうと、ネットで見積もりをするメリットが損なわれてしまうからです。またしつこい勧誘は誰しも嫌なものですから、評判を落とすのは分かりきっていますね。

どれも納得した見積もりがなければ加入しないでもOKで、見積もりを取った会社に全部断りの連絡を入れたりする必要もありません。そんな手間をかけないための一括見積もりでもあるのです。

一括見積もりで大切なのは、補償内容を最終確認をしっかりすることです。「自分がこれを設定して希望したから」ということで全部反映されているとは限りません。例えば、対物賠償保険は付いているけど、無制限のはずが後で見直したら3000万円になっていたなんてこともあるかもしれません。何社見積もりをとって、何度納得いくまで追求していっても良いですが、最終的な決断は自分であるのです。

 

等級の引継ぎに注意

現在加入している保険証書を用意しましょう。そこには自動車保険の自分の「等級」が記載されていると思います。これはとても重要で、無事故の優良運転者には等級を上げて毎年保険料を安くしてくれます。逆に事故を起こしたりして保険を使った運転者の等級は下げたり据え置いたりして、保険料が高くなります。等級数字は大きいほうが優良運転者の印。大体新規契約だと6等級あたりから出発して、1年毎の更新で等級が1級あがります。

この等級、保険会社を変えてしまってクリアになってしまうと、また保険料が一からスタートの高値になってしまいます。優良運転者にとっては損ですよね。そこで一部の共済などの保険を除いて、自動車保険の等級が引き継ぎできるようになっています。ですから、料金が高かったり、対処がイマイチで変えたい自動車保険を我慢せずに、次の保険を遠慮なく選ぶ事ができるのです。これはノンフリート等級の情報交換制度によって自動車保険の等級データをお互い交換して、保険会社を変更しても等級の割引などを引継ぎできるようにしているのです。この等級引継ぎを有効にするには前の保険契約と次の保険契約の期間を合わせて、満期(もしくは解約)の翌日から7日以内に引き継ぐことです。超えてしまう可能性がある場合は、救済措置などもある保険会社がありますから、担当に相談してみましょう。