免許を取った子供に子供追加特約

我が子が車の免許を取った!となったら、新しい車を買って新しい保険に入れてあげて・・・とできればよいのですが、免許が取れてもまだまだ路上では不安定なもの。ちょっと親としては心配が尽きないですから、いきなり新車とか乗せるのは不安ですよね。一時的にとりあえず親の車に乗ってもらい、最初は一緒に乗ってあげたりもするでしょう。では、その間の保険はどうなるでしょうか? 一時的にしろ、技術が追いつかないなら尚更、任意保険は必要なのですが。

 

子供を任意保険に入れると保険料が高くなる?

30歳以上のご夫婦が任意保険に加入する場合、年齢条件で30歳以上にすると保険料が随分安くなります。保険会社によっては35歳以上とするところもありますが、要はドライバー歴や年齢と共に身につく落ち着いた良識ある運転を想定されるからでしょう。しかし、子供が18歳で早速免許を取得した場合は、家族限定で入れた場合に年齢は一番低い全年齢担保になってしまって、結構保険料の額が上がってしまいます。これは家計に響きますよね。同じ保険ならどうにかして安くしたいものです。

保険料をどうしても上げたくない場合は、子供に運転させないという方法がありますが、運転技術の向上には免許を取得してからなるべく早く乗る機会を多くして、路上から車庫入れまで経験させてあげるのが必須です。保険料のために免許を取った子供を車を運転させないのは本末転倒ということです。

補償がほぼ同条件でありながら保険料節約、それは特約を利用することです。

 

子供追加特約とは?

子供追加特約とは、保険会社によって名称が子供年齢条件追加特約とか、子供危険追加担保特約とか変わっていたりします。一般的に今までは夫婦で30歳以上または35歳以上という年齢条件でいたところ、主に運転する年齢条件を変えずに、子供の範囲だけ年齢条件を追加する特約のことです。全体的な年齢条件を下げずに、保険料を大幅アップさせることなく子供に任意保険をつけてあげらるとあって、非常に好評な特約です。注意する点は、家族限定で設定しているなら問題はありませんが、夫婦限定にしていると子供は対象外になってしまいます。誰が保険対象になるのか、改めて確認しながら特約をつけていきましょう。

子供特約の廃止?!

ところが、便利で人気の子供特約、近年かなりの保険会社がこの特約を廃止していることが多いのです。これまで特約をつけていた方は、年齢条件が子供の年齢より高い場合は、条件を下げないと子供が事故を起こしても保障されないことになります。ここは要注意でしょう。ただ、全くすべてが廃止されたわけではなく、大手保険会社などは続行していることもあるので、自分が加入している保険会社に問い合わせてみるのも大切です。

 

三井ダイレクトの子供年齢条件追加特約

2011年に改定された子供運転者年齢限定特約、これをセットしていると、子供が運転している時の事故について、契約者である親の運転者年齢条件を適用せずに子供年齢条件を適用されます。ちなみに、この2011年の改定により別居の未婚の子供は年齢条件に入らなくなったので、特約をセットにしなくても年齢によらず補償対象になります。

 

SBI損保の同居の子供の年齢条件に関する特約

ちょっと長い特約の名前ですが、内容はそのままです。運転者年齢条件という家族運転者等の年齢条件に関する特約とは別に、同居の子供にのみ年齢条件をつけられる特約です。運転者年齢条件を下げるより保険料を節約できるとあって好評ですが、注意したい点は、子供が複数の場合は年齢が低い方の設定にすることです。子供が自動的にカバーされるわけではないので、上の子と歳が近い下の子が免許を取ったなんて場合は前年同条件にはせず見直しをということです。

もう一つの注意点は、元の保険の運転者条件です。この特約を有効にするには、運転者年齢条件をなしに設定するか、家族限定に設定します。