エアバッグサイドで側部も守る

昔、エアバックがない時代は、運転者は追突時にもろに衝撃を食らっていました。その後シートベルトの規制も厳しくなり、エアバックとの相乗効果もあって運転者を守る装備は多くなってきました。が、実は死亡率が高いのは助手席だということで、助手席にもエアバックを装備する車はとても増えましたね。

しかし事故の現状は、自分や相手が前後から追突するだけとは限らないのです。突然横道から出てきた車が、自分の車の側部に衝突というケースもあります。信号のない十字路や見通しの悪い道路などでは充分起こりうる事故です。そんな事故に対して、今までの車は側部への衝撃に対して無防備に近いといえるでしょう。そこで、開発採用されたのがサイドエアバッグです。

 

エアバッグとは?

そもそもエアバッグとはどういうものでしょうか。衝突時に、例えば運転席ならハンドルの中央部などから膨らんだ袋が出てきて、衝撃を緩和してくれるものです。SRSエアバッグシステムとも言われます。もちろん、エアバッグだけでは衝突時に身を守ることはできないので、シートベルト装着を前提とした効果となっています。また、衝撃時に強い圧力で出てくるので、エアバッグの出てくる勢いで傷や打撲など軽傷を負うこともあります。膨らませる原理として火薬やガスなどが使われているために、火傷の恐れもあったりします。こういった事情から、チャイルドシートは後席に装着することが望ましく、やむを得ず助手席の場合はエアバッグの衝撃の影響を受けないようにします。

何かあればエアバッグが助けてくれるというのではなく、あくまで非常事態の備えということなのです。

 

サイドエアバッグとは?

サイドエアバッグとは、サイドカーテンエアバッグとも言われています。ホンダのサイドカーテンエアバッグシステムは、衝突の際の頭部への衝撃を緩和するために、サイドの窓上部から飛び出してカーテンのように広がります。サイドエアバッグは運転席・助手席サイド肩から下あたりを守ってくれるエアバッグです。標準装備ではなく、タイプ別やメーカーオプションとなっています。

日産は日本で初めてエアバッグの標準装備を開始したメーカーです。欧州では一般的だったカーテンエアバッグを高級車だけでなく一般に良く使用されるマーチなどにも積極的に採用しています。

 

サイドエアバッグが付いている場合の注意点

普段正常時には出てくる事のないエアバッグなので、あまり注意がいかないところですが、いざという時に有効に安全に使用するために注意点があります。

サイドエアバッグに限らず、エアバッグの上や出てくる部分の近くに物を置いたり、アクセサリーなど尖ったものを点けたりすると、出てきた時に大怪我の元になります。また、サイドエアバッグの場合、ドアや窓枠に頭をもたれたりすると、万が一の時に頭がエアバッグの衝撃によって大変な事になってしまいます。後席や助手席で居眠りしてしまって窓などにもたれかかる人もいますが、首に巻く枕などでそのままの姿勢で寝られるようにするなど考えてみましょう。

サイドエアバッグのシステムが正常に作動するように、実はシートカバーは専用か、システムが遮らないようにするためのシートカバーにする必要があります。メーカーによってエアバッグの展開のシーケンス制御想定が違ったりするので、カバーはメーカーで大丈夫か聞いたほうが良いかもしれません。