日焼け防止UVカットガラス

お天気が良い日の運転は爽快ですが、春夏秋冬意外と日焼けをするものです。大人は日焼け防止の手袋などをしたり、チャイルドシートの子供には日よけをしたりしますが、それだけでは日焼けや紫外線対策は十分とはいえないでしょう。とりあえず車には窓ガラスにUVカットガラスが欲しいものです。

 

UVカットガラスは本当に必要?

今の時代エアコンがない車もほとんどありませんから、春夏秋冬車内はわりと快適に過ごすことができます。オートエアコンが付いている車などは、温度設定をしておけば操作を気にせず快適な車ライフを送ることができますよね。しかし日差しはエアコンではどうにもできません。一見快適そうに見えても4月くらいから9月ぐらいまで紫外線はピークになっていて、真夏でなくてもちょっとの時間で十分紫外線を浴びてしまっています。女性などはこの紫外線のUVAがシワやシミやたるみを引き起こし、老化を早める美容の大敵です。女性の肌の大敵ということは、デリケートな子供の肌にも良くないですよね。肌だけではなく髪や目にも害があります。

日焼け止めを塗ったりサングラスをしたり、サンシェードを付けたり、UVカットフィルムを貼ったりするのも手ですし、子供のチャイルドシートに日よけをつけてみたりはできますが、やはり元から少しでもカットできることが理想なのです。

フロントガラスにUVカットがされている場合は99%カットできると言われています。が、ドアガラスの方は強化ガラスなので90%が限界と言われています。つまり、UVカットガラスを導入しつつ、日焼け対策も平行したいところなのです。ちなみに、熱いのは紫外線ではなく赤外線によるもの。この赤外線カットというガラスも増えつつあります。

 

子供の日焼け対策色々

日焼け止めを塗ったり、大人で運転をする人などは日焼け防止の手袋などをするのもよいでしょう。しかしチャイルドシートに乗せた赤ちゃんなどは、ハンカチやクッションなどで日よけ替わりにすると、顔などにかかってしまった時に窒息などの事故につながります。赤ちゃんはなかなか自分の意思でよけたり取ったりすることができないからです。また、強い日焼け止めは赤ちゃんなどには使用できないので、他の対策が必要です。

市販のUVカットフィルムも有効ですね。ただし着色フィルムとUVカットフィルムは別物。フロントガラスと運転席助手席側面のガラスは着色フィルムは使用禁止なので注意しましょう。さらにフィルムでは紫外線カット効果も完璧とはいえません。もっとも、フィルムを上手に綺麗に貼るのは大変なので、車選びの際にはUVカットガラスを選ぶのが近道だといえます。

チャイルドシートの赤ちゃん用には日よけが付いたタイプなどもありますね。外が見えるようになっている日よけカーテンも市販されています。ベビーカーと車の取手に付けられるリーズナブルな日よけも登場しています。車窓に塗るタイプのUVカットリキッドなども。車のUVカットガラスと併用してますます効果アップを狙ってきましょう。