小学生中高生は部活動の遠征にも

小中学校や高校で部活動を活発に行っている学校などは、休日は対外試合や遠征なども多く取り込まれています。より多くの試合経験や強豪との試合をすることでレベルアップをはかっていますね。電車やバスなどの公共交通機関を使用する場合もありますが、部員が人数多いと貸切のバスなども手配したりもします。

しかし近隣の試合であれば現地集合や、保護者の送迎という場合もあります。保護者が我が子だけでなく部員も一緒に乗せて、ボールなどの用具も一緒に運ぶ場合もあったり。そんなケースに対応するする車も、子育て世代には必要になってくる場合があります。

 

部活動送迎の賛否

部活動送迎に適した車を選ぼうとする前に、ちょっと考えておきたいことがあります。それは、そもそも部活動の送迎に賛成して参加できるかという点です。我が子の送迎も大変という方はもちろんですが、他人の子も乗せなければいけないということになると、事故等があった場合に他人の子供に怪我等があったら対処が難しいところです。事故や渋滞などで試合に間に合わなかった場合のリスクも、他のメンバーや器具等を多く乗せていれば高まります。

例えば、親御さんが野球大好きとして子供が野球部だったとします。多くメンバーを乗せて激励しながら送り、試合を観戦しながら応援して、帰りは労いながら楽しく子供達を送り届ける。子供と一緒の話題と心地よい疲労感が素敵ですね。そんな休日が充実している方は良いのですが、送迎のために一日を潰してしまうという考えの方には不向きです。また運転が苦手という方には、他人を長距離乗せて往復するのは危険だし負担でしょう。

そこで、送迎に参加型の方は人もスポーツ用品も多く乗せられるタイプを、送迎が負担に思われる方はコンパクトカーで4人乗りなどで荷物が比較的乗らないものが良いでしょう。乗らないものを無理に乗せたり、車を買い替えまではいきませんから。

 

送迎参加型応援車は?

なるべく多くの部活メンバーと器具も乗せたいという方などにオススメの車をみてみましょう。また、その中でもシートをなどが汚れにくいものを探してみましょう。光る汗とともに気持ち良く子供達を乗せてあげたいものです。

三菱デリカD5=7人から8人乗りのワンボックスカーでシートアレンジが多様です。送迎する人数によっては、その分荷物や用具が乗せられます。3列目シートは畳めばゴルフバックが幾つも詰めますから、大容量と言えるでしょう。シートはグレードによりますが撥水加工がされた汚れプロテクト加工があります。

日産セレナ=8人乗りの車内が広々とした車です。シート間に余裕もあるので車内での子供達の話も弾むでしょう。ラゲッジアンダーボックス、つまり後方荷室に床した収納まである心強さです。グレードにイージークリーンシートが付いている場合は、親水性の特殊コーティングがされているので、濡れたタオルでサッと拭いて汚れを落とすことができます。

トヨタヴォクシー=7人8人乗りのヴォクシーは車内広々として子供がちょっと着替えるくらいなら難なくという点も嬉しいです。シートアレンジも出来るので長い荷物も積むことができます。グレードにより消臭機能付きシート表皮になっています。汗臭い子供達も安心かも。

 

撥水シートカバーがある車もいい

シートカバーをすれば、撥水加工のシートでなくてもカバーを剥がして洗濯すればOKです。が、ワンボックスカーのシートカバーなどは意外に取外しや取り付けも面倒であったりするので、カバーが撥水だと更に便利です。汗やドロ汚れも拭き取るだけで結構解消されます。