家族を守る人身傷害補償保険

自動車保険に加入することで、内容にもよりますが事故などの時に相手の車や身体、自分の車の修理などカバーができたりします。しかし人間は相手の車だけでなく、どちらが悪いとかに関わりなく、自分の車に同乗している人にもケガや命の危険が降りかかっているのです。自分の車に乗っている人には、何の補償もないのでしょうか? 家族を乗せて走るドライバーにとっては、ここは万が一を備えておきたいところです。

 

人身傷害補償保険・搭乗者傷害特約とは?

人身傷害補償保険・搭乗者傷害特約を損保ジャパンの保険を例にして説明してみましょう。この保険と特約は単刀直入に言えば、自分と家族という搭乗者の万が一をカバーしてくれる保険です。契約自動車に搭乗している人が事故で怪我をした場合の補償をカバーします。

「人身傷害補償保険」は怪我をしてしまった場合、治療費の実費・働けない間の収入・精神的損害等を幅広く補償してくれます。意外なところで、自動車の事故でなくても、犯罪被害事故の補償もカバーしてくれるのです。

「搭乗者傷害特約」は契約自動車の搭乗中の方が自動車事故で死傷したときの損害を補償します。運転手や同乗者にかかわらず、搭乗者全員が対象です。怪我の部位、症状によってあらかじめ定額になっている金額が支払われます。

 

「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害特約」の違いは?

内容をちょっと聞いてみると、どうやら似たような保険と特約で「片方だけでよいのでは?」と思ったりもします。実際に搭乗者傷害特約はつけずに、人身傷害補償保険のみをつける方も多いです。では、この二つはどう違いがあり、どんなメリットがあるのでしょうか?

「人身傷害補償保険」の違いとメリット=過失が多くても少なくても怪我は怪我。ということで、過失割合に関係なく対象項目の金額が補償されます。また、保険金は師団交渉終了を待たなくても支払われるので、怪我の治療費がかかったりする場合は嬉しい保険です。

「搭乗者傷害特約」の違いとメリット=損保ジャパンの場合は定額の治療給付金や入通院給付金を素早く支払ってもらえます。事故があって病院へいって入院して、治療中にまとまった金額が必要になった時に困りますよね。支払われるのは今!という感じです。つまり、治療の終了を待たずに保険金をもらえるので、それを元手にまた治療に向かっていけるのです。人身傷害補償保険はこのスピーディーさに欠けています。そこを特約で埋めるというわけです。

違いを具体的に比較してみると、「契約自動車以外の自動車に乗って自動車事故で死傷した場合」人身傷害補償保険は配偶者を含む同居の親族なら保険金がおります。一方搭乗者傷害特約は保険金がおりません。「歩行中などの自動車事故で死傷した場合」これも配偶者を含める同居の親族が対象になります。一方搭乗者傷害特約は保険金がおりません。これは、あくまで契約車に同乗するということが前提だからです。でも実際問題、友人などの車に乗せてもらってお出かけなんてありますよね。二つの保険と特約は守備範囲が違うことでカバーし合うことができるので、セットで勧められることが多いです。