電気自動車は実際どうなの?

一昔前までの電気自動車のイメージといったら、現実的ではなく、馬力がなく、玩具っぽい道楽的な感じがしました。日産の『リーフ』が登場した時も、見かけはガソリン車と変わらない感じがするものの「本当に走るの?坂とか登れなかったり?」などと疑問視する方もいたようです。電気自動車はガソリン車と比べて排気ガスも出さない究極のクリーン車ですが、さて電気自動車の実際はどうでしょうか。

 

電気自動車はどんなものがあるか

電気自動車で一躍有名になったのは日産の「リーフ」です。他には三菱の「i-MiEV」

はデザイン性の可愛さでも好まれました。同じく可愛い感じのドイツのスマートの「フォーツーエレクトリックドライブ」。BMWの「i3」。テスラの「モデルS」。などがあります。可愛いコンパクトカーからスポーティーなものまで、海外車から国産まで、意外に色々と販売されているのです。

 

電気自動車は出足がいい

電気自動車はパワーがなさそうとか、パワーがないために出足が悪いのではとか想像しがちです。ところが、エンジンではなく電気モーターで動いているため、ガソリンを燃やして駆動に繋げるというタイムロスがありません。つまり、オンオフで動くので出足はいきなりパワフルです。オン状態であれば、坂であろうがどこであろうが平均的に走行します。乗り心地としてはパワーのある車という感じでしょう。

 

電気代がかかるのでは?

電気自動車は、まるで「携帯電話を外で使って帰宅したら充電しておく」ということと同じ感覚で充電できます。通常のアンペアでは足りないのでアップしなければならない時もありますが、オール電化などにしているご家庭ならば200Vでそのまま使用できます。外に向かう充電ケーブル用を取り付けるだけで特別なことはありません。

例えば日産リーフならば、夜間電力を安くなる設定にしておけば、1回の充電は8時間で満タン300円程度というのでリーズナブル。あとは遠出をした際には途中で給油ならぬ充電をしたりする費用くらいでしょう。1回の充電で約228kmの走行が可能となっています。ガソリン車のようにオイル交換などもないですし、車両価格のわりには実は安上がりの車ですね。

さらに電気代がかかるどころか、お得になる方法もあります。日産リーフは「LEAF to Home」を介して、リーフから自宅へと電気を供給することもできます。安い夜間電力で充電しておいて、昼間の電気代が高い時にリーフから電気を引き出します。これは、災害などがあって停電になった時などにも役立ちそうです。

 

車両価格が高すぎる?

電気自動車を敬遠してしまうポイントは、馬力がないのではという先入観の他に、車両価格が高いという点でしょう。確かに通常の車両価格だと高価だなという印象です。これは、電気自動車の命ともいえるリチウムイオンバッテリーが高価だからです。

しかし二酸化炭素排気量0という究極のエコカーですから、国の補助金も最大53万円という優遇。その他に地方自治体の補助金などもあるところも。もちろんエコカー減税も対象です。

品質が安定し供給も増えてきたためか、リーフの日産は保証も充実させて、バッテリー容量保証を5年10万キロとしています。バッテリーがすぐダメになってしまうのでは?という危惧を払拭させてくれますね。

 

電気自動車のデメリット

電気自動車のデメリット、それはエアコンでしょう。ガソリン車もエアコンをつけると燃費が悪くなりますが、電気自動車も走るための充電が無くなっていきます。座席に温かくなるシートを付けたりなどするユーザーもいますね。

電気自動車用のスタンド(充電装置)もデメリットの一つです。ガソリンスタンドも潰れて少なくなっているところもありますが、電気自動車の充電ポイントはまだまだ普及しているとは言い難いところです。つまり、安易に遠出できず、しっかりと乗るだけの距離を把握できる時にのみ使用・・ということになりかねないところです。